公式LINEで【無料カウンセリング】受付中!🌷 公式LINEはこちら

【2024年度オランダワーホリ】来年に渡航する人が今のうちにやっておいたほうがいいことリスト

working holiday in the Netherlands 2024

みなさんこんにちは!NLD navi です🌷

今年の4月1日から始まった2023年度のオランダワーホリは、早くも7月1日に満枠になりました。

この日付以降に応募した人はキャンセル待ちのプールに入ることになります。

なんらかの理由でキャンセルが出たら、応募が早かった順に繰り上げされていく仕組みです。
(下写真:オランダ政府の公式サイト参考)

去年2022年度のオランダワーホリは満枠になったのが10月だったので、今年は3ヶ月も早く枠が埋まったことになります。

1年を通してたったの200枠しかないオランダワーホリなので、来年はもっと早いスピードで埋まっていきそうですね。

※追記:2024年度のオランダワーホリは早くも満枠になりました。現在以降の応募はキャンセル待ちとなります。

そんな年々かなり人気になりつつあるオランダワーホリ。

今回の記事では、今年実際にワーホリビザを取得した僕が来年の2024年度募集に向けて今からやっておくべきことについて解説していきます!

⬇︎現在ご希望の方に無料カウンセリング受付中!🌸⬇︎
(※予約方法は、お友達追加後チャットに「カウンセリング」と送信するだけ!)
オランダワーホリに関する質問やご相談、ご案内可能な語学学校、
ビザ申請サポートについてなど一つ一つ丁寧にお答えできればと思います☺️🌷

目次

オランダワーホリの基本情報

今までの記事で既に何回か解説してきましたが、もう一度オランダワーホリの基本情報について確認しておきましょう。

2024年度最新版の表が↓以下になります。

項目概要
募集開始時期4月1日
人数200人
決め方先着順
応募方法事前登録メールを送る (本申請は渡航後)
対象年齢18歳〜満30歳
滞在可能期間1年
ビザ申請費用€76 (渡航後に支払い)
入国期限事前登録番号発給から90日以内 (※)
就労条件年間を通しての同一雇用主はNG
オランダワーホリ概要

例年4月1日から募集が開始されて、事前登録をした先着200人がオランダワーホリのビザを取得することができます。

対象年齢は18歳から満30歳まで

応募方法はかなりシンプルで、在日オランダ大使館に事前登録メールを送るだけです。

(※)先着200人に入れていた場合、事前登録番号(Pre-registration number)取得から90日以内にオランダに渡航&必要書類郵送の必要アリ

滞在可能期間は1年間ですが、オランダには他にも様々なビザがあって、中には日本人がかなり優遇されるビザもあるので、ワーホリビザから違うビザに切り替えて滞在期間を伸ばす人がかなり多い印象です。

来年のオランダワーホリに向けて

さて、それでは実際今年のオランダワーホリビザを取得した僕の経験を踏まえて、来年の募集に合わせて今のうちから準備していくべきこと/知っておくべきことについてまとめていきます。

以下の8つのカテゴリーに分けて1つずつ紹介していきますね!

準備/確認リスト

1:申請関連の流れと時間感覚
2:オランダで必要な言語
3:オランダで住む家
4:携帯のSIMカード
5:仕事の見つけ方
6:大体の初期費用
7:現地の治安
8:オランダのカード文化

1:申請関連の流れと時間感覚

2024 working holiday in the Netherlands visa application

1つ目は、申請関連の流れと時間感覚についてです。

「オランダのワーホリビザは申請がややこしくてよく分かんない..」

とよく言われるほど、オランダワーホリの申請関連は一人で最初から最後までやるには相当複雑&厄介です。

さらにオランダワーホリは3年前から始まったばかりの新しいプログラムなので、インターネット上の情報がかなり少ないのも事実。

なので、時間に余裕を持って事前にしっかりと下調べをしておくことが大事になります。

インスタグラムやビザ申請完全ガイドではすでに触れましたが、まずは申請関連の流れと時間感覚をしっかり把握することから始めましょう。

・どの種類の申請が必要なのか
・必要な書類は全て揃っているか
・いつまでに何をやらなきゃいけないのか
・各政府機関の予約方法はバッチリか
・大体このくらいで次のステップに行けるだろう
・いつ頃にビザが降りるだろう

これらをしっかり把握できていることを確認しましょう。

NLD naviではビザ申請サポートも行っているので、詳しくは無料カウンセリングにてお気軽にお問い合わせ下さい☺️🌷

2:オランダで必要な言語

2024 working holiday in the Netherlands language school

2つ目は、オランダで必要な言語についてです。

結論から言うと、特にアムステルダムなどの都市では英語さえできれば日常生活はほぼ全く問題ないです。

オランダで暮らし始めてからより見に染みて感じますが、オランダ人の英語レベルは相当高いです。

「国民の8〜9割は英語を話せる」「英語を母国語としない国の中で一番英語を話せる」と言われるほどのオランダ人の英語力は本物。

移民大国であること・国の小ささ・国際的な貿易の多さ・テレビでは吹き替えよりも字幕を優先することなどが大きな要因になっています。

ちなみに僕が今までアムルテルダムで会った人のなかで英語が話せない人には出会ったことがありません。

そのくらいの感覚なので、英語さえ話せれば日々の生活はなんの問題もなく過ごすことができますよ:)

一方で逆に言うと、英語が話せないと苦労する場面が増えることになると思います。

なので、英語に心配がある人は現地で語学学校に通うなどして何かしら対策することが絶対的に必要です✅

NLD naviでは複数の語学学校のご案内が可能NLD naviコース割引もあるので、ご希望の方はお気軽に公式LINEまたは無料カウンセリングでお問い合わせください😊

また、僕のおすすめの英会話アプリ/オンライン英会話をまとめた記事↓はこちらになります!

3:オランダで住む家

2024 working holiday in the Netherlands house

3つ目は、オランダで住む家についてです。

現在のオランダ(特にアムステルダム)は、家探しがかなり難しいと言われています。

ですが、住所が無いと住民登録を進めることができないので、住む家をなるべく早く決めていく必要があります。

とりあえず安心したいから早めに決めたい!という方は日本で、多少時間がかかってもいいから内見して決めたい!という方はオランダで探すとよいでしょう。

これは人によって優先順位が異なるので、自分に合った方を選ぶと良いと思います。

家を決めるときには、

家を決めるときの注意点

・家具付きか半家具付きか家具無しか
・水道/光熱費(エネルギー費)の払い方はどうか
・家賃にエネルギー費は含まれているかどうか
・エネルギー費の差し引き(※)はどうなるか

(※)エネルギー費の差し引きについて

1:毎月同額を払って、年終わりに実際に使った分との差額を支払う/払い戻される方法
2:毎月使った分だけ払う方法

のどちらかです。(多少内容は変わる事あり)

に注意するようにしましょう。

オランダの水道/光熱費の支払い方は日本と少し変わってくるので、事前にチェックしておくことが必要です。

また、よくインターネット上で挙げられている家探し用のサイトは、

・Pararius
・Funda
・Kamernet

の3つがあります。

これ以外にも、FacebookやTwitterで探すのも選択肢だと思います!
(※最近は詐欺が横行しているので、最新の注意を払うようにしましょう!)

4:携帯のSIMカード

2024 working holiday in the Netherlands sim card

4つ目は、携帯のSIMカードについてです。

今後オランダに長期滞在(1年/1年以上)することを考えている場合には、いずれオランダの携帯会社のSIMカードを取得することになると思います。

しかし、ビザ申請&住民登録&オランダの銀行口座開設が終わるまでは、オランダの携帯会社と契約することはできません

なので、それまでの間は次の2つの方法のどちらかで凌ぐ必要があります。

1:プリペイドSIM
2:eSIM(電子SIM)

プリペイドSIM

プリペイドSIMとは、「使えるデータや期間を最初に決めて前払い式で購入する方法」です。

例えば、

・€10で3GBの通信+500分の通話+1000SMS
・€15で5GBの通信+600分の通話+1500SMS

のように、一度事前に支払ったら使い捨てで終われる便利なSIMカードです。

もちろん全てのデータ残量を使い切ってしまってもチャージすればまたすぐに使えるようになります。

入手方法はネットで注文orスーパーなどのサービスカウンターで購入するのどちらかです。

楽なのは圧倒的にスーパーで購入する方法。

日本のコンビニに売っているAmazonギフトカードのように、Albert Heijnなどのスーパーマーケットに置いてあるので、好きなものをとって購入するだけ。

とても簡単です。

ゆっくり選びたい!と言う人は、ネットで比較しながらポチっても良さそうですね!:)

数あるプリペイドSIMの中でも、LEBARAを購入されている方が多い印象です。

eSIM

eSIMとは、「プリペイドSIMの電子バージョン」です。

僕はこれを使いました!

最近のeSIMがかなり便利なので、個人的には完全にこれ一択でした。

アプリをダウンロードしてオランダのSIMとGB数を選んでカードで支払うだけですぐに電波を拾えるんです。

他にも例えば旅行でスペインに行く、アメリカに行く、などの場合でも、

それぞれ同じアプリ・同じ方法でスペインやアメリカのSIMカードを購入すればいいだけなので、かなり簡単。

実際にスペインに行ったときにスペインのeSIMも買ってみましたが、設定アプリでそれぞれの国eSIMを簡単に管理できるので、とても便利でした。

スーパーで買うプリペイドSIMに比べても、値段はほとんど変わりません。

ここで一つだけ注意したいポイントは、現状ほとんどのeSIMは電話番号が付いてこないということ。

つまり、通話が必要な場合やSMSを受信したい場合などは使うことができません。

なので電話番号が必要!という方は、電話番号付きのeSIMを見つけるか、プリペイドSIMを買って設定するのどちらかになってしまいます!

僕が実際に今でも愛用しているeSIMは↓こちらになります。

紹介クーポン【KEITAR7353】を使用すると3ドル分の割引が効くのでぜひお使いください☺️

5:仕事の見つけ方

2024 working holiday in the Netherlands work

5つ目は、仕事の見つけ方です。

折角オランダにワーキングホリデーに行くなら、現地で仕事をしたい!オランダで働いてみたい!という方、たくさんいると思います。

オランダにはたくさんの仕事があって、日本人でも英語さえできれば基本的にどんな仕事でも選ぶことができます。

これらの仕事の見つけ方は、

1:ネットの求人募集サイトで探す
2:実際にお店に行って聞く

の2通りです。

ネットの求人募集サイトで探す

きっと99%の場合は、この方法で仕事を探すことになると思います。

I amsterdamやLinkedInなどの求人サイトを見ると、パートタイムからフルタイムまでズラーっと様々な業種が並んでいるので、そこからお気に入りの職種ややってみたい仕事などをピックアップして、片っ端から応募していく感じです。

この方法は、根気強く探し続けるのが得意!という人には良いと思いますが、手間を省いてもっと早く仕事を見つけたい!という人には次の方法をおすすめします。

実際にお店に行って聞く

僕が一番おすすめしたいのは実際にお店に行って雇ってくれないかと直接聞くこと。

正直この方法が一番早くて、一番効果的だと思います。

きっと皆さんの頭の中には、「こんな仕事をしてみたいなあ」「こういう職につきたいなあ」などのふわっとしたイメーが既にあるんじゃないでしょうか。

そのイメージさえ決まっていれば、あとは実際に街を歩いて気になったお店を周っていきましょう。

その中でさらに気に入ったお店で働いている人に、ここで働かしてほしい!と言えば何かしらの返答が返ってきます。

日本ではあまりやる人が少ない飛び込み営業ですが、海外ではよくあることです。

人に話しかけるのが苦ではない/コミュニケーションには自信があるという方はぜひこの方法で仕事を見つけてみてくださいね:)

.

さて、いずれの方法でも、一般的には面接前にCV(履歴書)/Motivation Letter(アピールメール)を提出する必要があります。

自分の今までの職歴や学歴をPDFにまとめて、メッセージを付けてメールで送付するのが一般的。

・なぜ自分がこの仕事にぴったりなのか
・自分は何ができるのか
・その他アピールポイント

などを簡潔に組み込んで最大限のアピールをしましょう!

しかしこれを作るには少し時間がかかるので、事前に作り方や書き方・テンプレートなどを作っておくことが必須ですよ!

もしCVのテンプレートや作成サポートなどをご希望の方がいれば、公式LINEにてお気軽にご連絡ください☺️

6:大体の初期費用

2024 working holiday in the Netherlands how much it costs

6つ目は、大体の初期費用です。

今は円安やユーロ高の影響もあってオランダの物価は上がっていますが、だからと言って初期費用がかなり高い!という訳ではありません。

なぜなら、オランダでは銀行口座を開設するまでは健康保険加入や携帯会社との契約などができないので最初の方は定期支払いが少ないからです。

語学学校授業料を除いて初期費用として考えられるのは、

・航空券代:約10〜15万円
・海外旅行保険料:約2万円(2ヶ月分/会社やプランによって変動)

・家賃/エネルギー費:約8〜20万円(これに加えて敷金がかかる場合アリ)
・ビザ申請/その他手続きにかかる費用:約1.5万円

・交通費:約2〜5千円
・食費

くらいでしょうか。

あとはここに語学学校/ホームステイなどの費用がプラスされていくといったイメージです。

僕が使った保険会社では、2ヶ月の海外旅行保険プランで2万円弱でした!

食費は外食頻度によって変わりますが、自炊がメインであれば日本と同じくらいの感覚で大丈夫ですよ!
(※レストランはかなり高いです。)

なので、初期費用がべらぼうに高いという訳ではないので安心してください:)

7:現地の治安

2024 working holiday in the Netherlands safe or dangerous

7つ目は、現地の治安です。

これは現地に住み始めてからびっくりしたのですが、アムステルダムの治安はかなり良いです。

個人的な感覚だと本当に東京と一緒くらい。

変な人もたくさんいることは事実ですが、危ないなあ危険だなあと思ったことはまだ一度もありません。

オランダは2023年最新の情報で「安全な旅行先ランキング世界1位」「QOLランキング世界1位」「子供の幸福度ランキング世界1位に選ばれているほど豊かな国。

実際に暮らしてみるとわかりますが、この結果が治安にダイレクトに表れています。

なので治安はそこまで意識することがないというのが率直な感想です。

一方で、スリなどの軽犯罪は世界中どこにいても起こってしまうことなので、常に注意しておくことは必要です。

また、夜中に暗い路地裏などを一人で歩くこともなるべく控えたほうが良いでしょう。

8:オランダのカード文化

2024 working holiday in the Netherlands debit card

8つ目は、オランダのカード文化についてです。

オランダは、日本と打って変わってカード社会であることが特徴です。

結論から言うと、「オランダではカードしか使えない!」くらいの気持ちでいるのが良いでしょう。

スーパーマーケットでもレストランでも基本的な支払い方法はカード決済。

フェスやイベントの売店での決済も基本カードです。

カード決済にしか対応していないお店もたくさんあるので、現金を持ち歩くことはあまりおすすめしません

例えば、現在アムステルダムのバスは現金での支払いが不可能で、タッチ決済(非接触型)機能が付いているデビット/クレジットカード、またはオランダの交通ICカードでしか乗車することができません。

逆に言うと、カードさえ持っていれば全ての決済場面に対応することができます

なので、オランダに来る前に必ず有効期限に余裕のあるカードを用意するようにしてくださいね!

ここで1つだけかなり厄介な注意点があります。

それは、日本で使っているカードが使えない場合があるということ。

例えば、僕はオランダに来た一番最初の頃、三菱UFJ銀行のデビットカードを使っていたのですが、同じチェーンのスーパーマーケットでも店舗によって使えるところと使えないところがありました。

使える場所と使えない場所の見分けは全く付かないので、このままだとかなり生活に支障をきたしてしまいますよね。

なので、用意するカードは「必ず使えると確証があるもの」にしてください!

ちなみに僕はその後Wiseデビットカードをに切り替えました。

このカードにはかなり助かったので、もしどのカードにするかまだ迷っているという人は、海外生活で大活躍するWiseデビットカードにすると良いですよ。

愛用しすぎて詳しい記事を書いたので、気になる方はぜひ読んでみてください!

キャンペーンURLも記事内に貼っておきました☺️

まとめ

今回は、2024年度のオランダワーホリに向けて事前に知っておきたいこと/準備するべきことを解説しました。

まだまだ新しいので情報が少ない+年々満枠になる速度が速くなっているオランダワーホリ。

来年の渡航を考えている方は、できるだけ早めのうちから準備を進めていくようにしましょう!

語学学校やビザ申請サポートなどについてのご質問等ありましたら、まずは無料カウンセリングにてお話聞ければと思います☺️🌷

それでは次の記事でお会いしましょ〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

けいのアバター けい NLD navi 運営

📍Amsterdam
東京出身。オーストラリアワーホリや世界中でのバックパッカー旅を経てオランダに移住。
オランダで生活する人がもっと増えれば良いなという思いでNLD naviを立ち上げ。
日本とオランダが身近につながるオランダ移住プラットフォームを作るために日々奮闘中。
趣味は旅とグルメとアウトドア。
夢は世界中から旅人が集まるバックパッカーホステルを作ることです✌︎
一緒に最高のオランダライフを作りましょう!🌷

コメント

コメント一覧 (5件)

コメントする

目次